運営サイト「白髪染めのトリートメントを6種類、比較してみました。」

サイト名:白髪染めのトリートメントを6種類、比較してみました。

白髪染めのトリートメントを6種類、比較してみました。
URL:https://www.shiragazome-tori-tomento.net/

 

髪や地肌を傷めずに、白髪を染めることが出来るヘアカラートリートメントの紹介サイトです。

 

近年人気が高まっている、白髪染めトリートメントを実際に買って使い、それぞれ使用前・使用後の写真を添えて、使い心地を紹介しています。

 

できるだけ同じ条件下で使い、5項目について評価し比較もしています。

 

 

若い時から白髪が多く、接客業をしていたため、早くから市販の2剤式白髪染めを利用してきました。

 

短い期間に頻繁に白髪染めを使っていたため、30代の頃には傷んだ髪に。

 

それを改善したくて、ヘアカラートリートメントを使うようになりました。

 

 

一般的な白髪染めと、白髪染めトリートメントの違いは何か。

 

最大の違いは、化学反応で発色させるか、トリートメントの色を髪につけてコーティングするかという点です。

 

 

一般的な白髪染めはキューティクルを開いて脱色した後、染料を髪の内部に入れて発色させ、閉じ込めます。

 

化学的に色を作るので、好きな色に染められますし、染まった髪が白髪に戻らないのがメリット。

 

キューティクルを開くときにタンパク質が逃げてしまうので髪が傷みますし、発色させるため化学反応を起こすのでアレルギーの心配がある、というのがデメリットです。

 

 

白髪染めトリートメントは、髪の表面と、キューティクルの隙間に染料を入れます。

 

髪に負荷をかけないので傷むことがなく、染料と一緒に美髪成分も送り込めるので、傷んだ髪の補修も出来るのがメリット。

 

キューティクルの隙間に入る細かい染料なので、シャンプーのたびに少しずつ流れてしまいます。そのため、使わないと色がどんどん抜けていくのがデメリットです。

 

 

それぞれにメリットもデメリットもありますが、ヘアカラートリートメントを使う人が増えているのは、やはり「髪を傷めない」という点が大きいのだろうと思います。

 

髪が一時的にキレイな色になっても、傷んでしまっては悲しいです。また、強い薬品を使うことで頭皮がダメージを受け、薄毛になる心配もあります。

 

そういった心配がない白髪染めトリートメントは、今後も使いたい人が増えるのではないでしょうか。

 

はじめて白髪染めトリートメントを使う人、今使っているヘアカラートリートメントがイマイチと感じている人に、参考になるサイトでありたいと思っています。

 

運営サイト一覧

これが良かった! 女性用育毛剤を6種類、比較してみました。
女性用育毛剤の比較サイトです。
まみろうチャンネル
当社専属ライター「まみろう」の運営ブログです。